猫飼い方

子猫の社会化期の育て方の違いでその後の人生が180度変わる

社会化期の子猫の育て方

 

 

 

はじめに

目が開き自分で歩きまわれるようになった生後2週間くらいからの子猫は社会化期と呼ばれ、生後3ヶ月くらいまでに兄弟猫と遊んだりする中で、大人の猫としての暮らし方を学びます。

 

ここでは社会化期の子猫の育て方の注意点についてまとめました。

 

 

社会化期とは

生後2週間頃から目が開き、自分の足で這ったり歩いたりできるようになった子猫は好奇心旺盛で、遊びつかれたら母猫のおっぱいを飲んだり、寝たりしてまた遊ぶといった繰り返しで一日を過ごす感じです。

 

このような中で他の猫との接し方や餌の取り方、排泄を学んでいきます。

 

 

兄弟猫や母猫のしぐさを見たり遊んだりする中で狩りの仕方を学んだりして、体力を付けて3ヶ月になる頃には身体は小さくても猫として独り立ちできるようになります。

 

この時期は子猫にとって社会化期と言われ、ここでの経験が成猫になってからの性格に大きく影響し、成猫になってからはそこから大きく変わらずに過ごすと言われているとても大事な時期です。

 

 

遊ぶことが子猫の仕事

子猫は何にでも興味を示して、疲れ果てるまで飽きることなく遊びます。

 

兄弟猫と取っ組み合いをしたり、母猫の尻尾にじゃれたりすることで狩りの仕方や、動体視力を養ったり、力加減を学びます。

 

 

親猫のまねをして何度もジャンプに失敗したりする中で、筋力を付けたり、ジャンプのコツを学びます。

 

 

楽しく遊んでいるだけのように見える子猫も日に日に成長していくのが見て取れるはずです。

 

 

社会化期の飼い猫の子猫の育て方

外で暮らす猫の場合は、社会化期に母猫や兄弟猫と遊んだり、道端の虫にじゃれる中で様々なことを学び、半年までには立派な大人の猫として独り立ちしていきます。

 

この時期の子猫を飼う場合は、母猫、兄弟猫の役割、外界からの刺激を飼い主さんが代わりに与えてあげましょう。

 

 

社会化期にひとりで過ごすことやストレスが多かった子猫は、他の猫や人間とのコミュニケーションが苦手になってしまったり、力加減がわからなかったりして、臆病だったり攻撃的になってしまうことがあります。

 

また、この時期に一旦そうなってしまった性格を成猫になってから変えるのはなかなか難しいです。

 

 

たっぷり遊んであげる

子猫は好奇心の塊です。

 

できる限り一緒にいる時間を作って遊んであげましょう。

 

おもちゃで遊ぶことで体力を付けたり、力加減を学べる上、人間と遊ぶことが楽しいとこの時期に学んだ子猫との間には母猫と同じ信頼関係が生まれ、人懐っこくなります。

 

 

遊ぶ中で危険なこと、してはいけないことをこの時期に教えることができます。

 

噛み付いたり引っ掻く事をこの時期からきちんとしつければ大人になってからもめったにしなくなります。

 

 

社会化期の子猫が、人間が十分に遊んでくれる事を覚えれば、それで好奇心が十分満たされるので他のいたずらに目が向くことが少なくなります。

 

 

おわりに

社会化期は子猫にとって大切な時期で育てることは責任が伴いますが、いっぽうでこの時期に信頼関係を気づくことで一生人間と暮らすパートナーとしてとても良いことです。

 

なによりこの時期の子猫はとても愛らしく、一緒に過ごす時間を長く取ることは飼い主にとっても少しも苦ではありません。

 

 

ぜひ、たっぷり遊んで楽しくかわいい子猫を育てましょう。