猫飼い方

子猫の安全を確保するには室内環境を整えることが大切

子猫のために作る室内の安全な環境

 

 

 

はじめに

猫を飼うために室内に安全な環境を作るのはどの飼い主さんも心がけていると思いますが、子猫の場合それ以上に気をつけなければいけないことがたくさんあります。

 

ここでは子猫のために作る室内の安全な環境のチェック項目についてまとめました。

 

 

危険を極力排除する

子猫は好奇心がとても強く、また経験が浅いので思いがけない事故に気をつけなければいけません。

 

危険な順に、水を張った風呂、飲み込みやすい紐や輪ゴム、小さな部品、毒性のある植物、踏んだりぶつけたりして怪我をする尖ったものや硬いものなどがあります。

 

 

初めから見せないように子猫が絶対に入らないところにしまう。

 

入ってはいけないところには絶対に入らせないようにしましょう。

 

 

私の場合は自分が浸かっているとき以外にお風呂の水を張りっぱなしにはしない。

 

洗面所、お風呂と二重のドアをいつも閉める。万が一落ちた場合に自力で這い上がれるようにバスタブに足場となる網を垂らす。

 

という対策をしています。

 

 

湯船に蓋をして安心していても、子猫の体重で蓋が落ちる可能性があるので絶対に子猫を入れないようにしましょう。

 

これらの事故は万が一起こってしまうと最悪の事態を招くので、飼い主の責任で気をつけすぎて後悔することはありません。

 

 

室内飼いに慣らす

猫は縄張りから殆ど出ないまま生活する生き物なので、家の中でリラックスしたり遊んだりできる場所があれば外に出られないことはそれほどストレスではありません。

 

子猫のうちに室内で暮らすことに慣れてくれれば、外での事故や病気の危険がなくなるので安全です。

 

 

好奇心の強い子猫のうちに一回外に出てしまうとまた出たくなりますので、初めから外に出ないように対策しましょう。

 

玄関の開け閉めの際の飛び出しに注意するのはもちろんですが私の場合は園芸用の伸縮ラティス(床に置くタイプの柵)で二重に対策しています。

 

 

猫のジャンプ力であれば登ったり飛び越えられる程度のものでも、飛び出しまでの時間稼ぎになるのと、飛び越えても何も無いと学習してくれたことにより、飛び出しをほぼ防ぐことができます。

 

 

室温を一定にする

特に生まれて間もない子猫は母猫や兄弟猫にくっついて成長する前提で体温が下がりやすい体質です。

 

体温が低下してしまうと身体が小さい子猫は弱ってしまいます。

 

生まれたての場合は湯たんぽを用意する他、ある程度成長しても人間がやや暑いと感じるくらいの25〜28度くらいの室温を保つようにしましょう。

 

 

夏場の熱中症にも気をつけましょう。

 

人間の外出時に部屋が高温になってしまわないように、弱めにエアコンをつけて水分補給ができるように十分な水を用意しましょう。

 

 

目を離さない

上記のことを気をつけていても、子猫は好奇心が強いので想像もしていなかった行動に冷や冷やするのもしょっちゅうです。

 

 

飼い主さんの目が常に行き届いていることが一番の安全対策です。

 

子猫のうちに色々体験して危険なことを学習するのもまた必要な経験です。

 

 

体調を崩してないか、危険なことをしていないか、できる限り目を配り、危ないことは注意してあげましょう。

 

 

おわりに

まだ経験も少なく、身体も小さい子猫を飼うということはいろいろ気をつけなければいけないことがたくさんあります。

 

 

でも小さく機敏に動き回る子猫はいつまで見ていてもかわいく、飽きないものです。

 

そして子猫の期間はあっという間です。

 

 

できる限りの愛情を注いで子猫にとって安全な室内の環境を作ってあげましょう。