猫飼い方

子猫の離乳食の与え方は?コツを知ることで簡単に解決

子猫の離乳食の与え方

 

 

 

子猫は大体生後3週目くらいには離乳食を食べられるようになります。

 

ここでは離乳をするときの子猫への離乳食の与え方についてまとめました。

 

 

離乳の時期

母猫と一緒にいる場合は1ヶ月を過ぎても母乳だけで良いという獣医さんと、食べられるようになったら多少強制的に離乳させたほうが良いという考え方の獣医さんと両方います。。

 

どちらが正解かはそれぞれの経験によるものでどちらというものではないと思いますが、生後3週間くらいになった子猫は親猫の食べているドライフードに興味を示し始め、顔を突っ込んで一生懸命食べようとしたり舐めたりしはじめます。

 

 

せっかく食べ物に興味を示し始めた頃なのでこのタイミングで少しずつ離乳食を与えるといいのではないでしょうか。

 

 

離乳食の種類

まだ小さい子猫は歯が数本しかないのでカリカリを齧って食べるのは難しいです。

 

 

成長のためにエネルギーが必要ですので親猫とは別に子猫用フードを用意し、カリカリならお湯でふやかすかすり潰してペースト状にして与えましょう。

 

もともと粉を溶いてペーストにする離乳食専用のものが市販されていますので、実際数週間程度しか使用しませんのでこの時期はこだわったほうがいいでしょう。

 

 

離乳食の与え方

初めて与えるときは、まだ食べ物かわからなくて躊躇する可能性もありますので、ちょっとだけ取って舐めさせてあげると味を覚えるでしょう。

 

 

もっとも離乳食はいかにも栄養がありそうで美味しそうなのですぐに食いつく子猫が殆どです。

 

最初のうちは食べるというより舐めたり吸う感じなので液状に近くしましょう。

 

それまでミルクを飲んでいた子猫の場合は同じミルクで溶いてあげると移行しやすいです。

 

 

子猫は成猫のように一度にたくさん食べられないので少量をたくさんの回数与えるようにしましょう。

 

あと、びっくりするかもしれませんが、離乳食はカロリーが高くて美味しそうなので母猫が欲しがって目を離すと子猫より先に横取りして食べてしまったりします。

 

母猫に奪われないようにどちらかを隔離しましょう。

 

 

離乳後の子猫

母乳だけを飲んでいるときはうんちやおしっこの世話は基本的に母親が舐め取っていたかと思いますが、離乳食を食べ始めるとだんだん大人と同じような形のあるうんちに近づくので母猫は一切舐めなくなります。

 

 

このタイミングでトイレを用意しましょう。

 

親猫のトイレだと壁を乗り越えられなかったりするので、子猫用のトイレを用意しましょう。

 

 

最初は粗相をするかもしれませんが、親猫の様子を良く見ているのですぐに覚えます。

 

砂を間違って食べないかなどには注意しましょう。

 

 

離乳食を食べ始めた後も母乳は飲み続けますが、だんだん母猫が子猫を大人の猫として扱うようになるので放っておいても吸わせなくなったり出なくなったりします。

 

子猫自身も自分で食べるほうを好むようになりみるみる自立していきます。

 

 

おわりに

離乳食を食べるようになると、子猫は母親の力を借りなくてもいろいろなことを自分でできるようになり成長を感じます。

 

 

様子を見ながら子猫が喜んで食べる形で離乳食を与えましょう。