猫飼い方

猫の避妊手術の目的と注意事項!

メス猫の避妊手術

 

 

はじめに

飼い猫は大人になったメス猫に妊娠の予定が無ければ、手術を受けて卵巣と子宮を摘出して避妊するのが一般的です。

 

 

ここではメス猫の避妊と手術について解説します。

 

 

メス猫の発情

メス猫は大体、生後7ヶ月くらいから発情が始まる猫が多いです。

 

発情期が来るとメスは大声で鳴いたり床や壁に身体をスリスリし始めます。

 

妊娠できる準備ができたというフェロモンを発することでオス猫の発情を誘発します。

 

 

避妊の目的

計画的に子猫を産ませる予定が無い場合、メス猫が発情のたびにエネルギーを使うこと、発情期が度々来ても子孫が残せないことがメス猫自身のストレスになる可能性があります。

 

 

また、鳴き声や落ち着かない仕草は飼い主さんにとっても心配です。

 

 

外に出る猫の場合、発情期に外に出ると確実と言っていいくらい非常に高い確率で妊娠して帰ってきます。

 

引き取り手の無い子猫が産まれてしまいます。

 

 

そのため、最初の発情が来たタイミングで絶対に外に出さずにオス猫との接触を絶って獣医さんと避妊手術の時期を相談するのが一般的です。

 

子宮と卵巣を摘出することでメス猫特有の卵巣がんや子宮の疾患のリスクをなくすことができます。

 

 

避妊手術の注意事項

避妊手術は現在では殆どの飼い猫のメスが行っている一般的な手術で、それ自体が原因でメス猫が危険な目に合う確立は非常に低いです。

 

とはいえ、全身麻酔で手術すること、お腹を広範囲にわたって切開する手術なので、メス猫の体力、体調が万全の時に準備を整えて臨みましょう。

 

 

全身麻酔中に吐いてしまい、窒息する、肺にばい菌が入るなどの事故を防ぐ為前日から絶食するなど獣医さんからの指示に従いましょう。

 

手術後は術後服やエリザベスカラーを使って傷口を舐めて開いてしまうなどを防ぐことになります。

 

 

この時期はなるべく猫から目を放さないようにし、何かあったらすぐ動物病院に行けるようにします。

 

 

避妊後のメス猫

避妊後のメス猫は発情がなくなるので、成熟したメス猫から子猫の状態に戻る形になります。

 

一般に性格は穏やかになり、子孫を残すエネルギーが余るので太りやすくなります。

 

 

おわりに

動物としての本能を奪うのはかわいそう、または全身麻酔の開腹手術に抵抗があるという意見もあり、避妊手術が絶対と断言はできませんが、殆どの飼い猫のメス猫は避妊し穏やかに飼い猫としての生涯を送っています。

 

 

メス猫を飼う際はすぐに避妊について早めに検討しましょう。