猫飼い方

猫に好き嫌いがあるのは紛れもない事実!では食べさせる方法は・・・

猫は好き嫌いするって本当?

 

 

はじめに

猫を飼っている人はそれぞれ猫の好き嫌いに頭を悩ませているようです。

 

 

人間と同様猫の食の好みも千差万別のようです。

 

ここでは猫の食べ物の好き嫌いとその対策について解説します。

 

 

猫の好き嫌い

猫にもはっきりした好き嫌いがあるのは紛れも無い事実のようです。

 

様々な猫の飼い主さんに聞くと、

「うちの猫は牛乳が大好物で冷蔵庫を開けると寝ていても飛んでくる。」
「うちは猫なのに牛乳に見向きもしない。」
「海苔が好きで、おにぎりを裸にされた。」
「初めて見たはずなのにたこ焼きの削り節だけ夢中で食べた。」

等、どれもユニークです。

 

 

考えてみればそれぞれの猫で育った環境も、食べているフードも違うので人間と同じで個性があるのは当たり前ですね。

 

 

時には困ってしまうことも

おやつの好みは個性で片付けられるのですが、例えばウェットフードしか食べないカリカリ嫌いの猫が、病気の治療で処方のドライフードを食べなければいけないときに、どうしても食べてくれないと言う悩みはとても困ります。

 

 

人間だと、「美味しくないけど、身体のためだから我慢して食べれば病気もよくなるからね。」といった風に理解して食べてくれますが、猫にしてみれば「嫌いなものは嫌いなので食べないものは食べない。」というだけなので、どうしようもありません。

 

 

猫の好き嫌い対策

上記のような理由のフード切り替えの際の対策として、いきなり切り替えるのではなく徐々に切り替えることで慣れさせるのが一般的です。

 

例えば、複数種類のカリカリを混ぜて徐々に割合を切り替える、ウェットフードにドライフードを混ぜる、ドライフードをお湯でふやかして食感をやわらかくする等です。

 

 

上級者の飼い主さんになると、嫌いなドライフードに粉末状の好きなフードを塗してカモフラージュする、ドライフードをすりつぶして水分を加えてペースト状にする等、涙ぐましい努力をされています。

 

程度の差こそあれ、段階を踏めば猫自身も空腹に絶えかねて嫌いなフードも渋々食べてくれるようになるようです。

 

 

また、食わず嫌いもあるので、お腹が空いた頃を見計らって一粒ずつ手渡しで口に入れてあげると、「なんだ、意外と不味くないから今度から食べよう。」となったり、他の猫が食べているのを見せると真似して食べるようになったりします。

 

 

おわりに

猫の好き嫌いにはどの飼い主さんも手を焼いているようですが、猫は人間ほど味覚が発達していないと言われているので、よほどのものでなければ、食べなれていないので毛嫌いしているだけか、毎日食べているので飽きただけといったことがほとんどのようです。

 

 

普段から、味の薄い健康志向に慣れさせておく、いざと言うときのお気に入りフードをたまにしか与えないで切り札にする等の工夫で乗り切りたいですね。