猫飼い方

【有害】猫が食べてはいけない物はコレだ!人間が食べれても絶対に与えてはダメ

猫が食べてはいけない物

 

 

はじめに

猫は身体が小さいのと、腎臓の機能が人間より弱いことが多い為、人間にとって無害でも猫にとって有害なものがたくさんあります。

 

中には、猫が美味しそうに食べるけれど実際はあまり身体によくない物も多いのでここで確認して普段から気をつけましょう。

 

 

ネギ類

人間の料理には欠かせない玉ねぎや長ネギには猫の血中のヘモグロビンを破壊する成分が含まれています。

 

人間にとって少量でも小さな身体の猫にとっては害があります。

 

 

わざわざ与えなくても、ハンバーグや味噌汁に含まれていて猫が気づかずに食べてしまうことがありますので気をつけましょう。

 

ねこまんまとしてご飯にお味噌汁をかけたものをあげていた時代もありましたが、現代で与えないのはこのためです。

 

 

塩分が多いもの

肉や魚など味付けしてある食材を猫がおねだりすることは多いです。

 

塩や醤油など人間にとっては適量の塩分も、身体が小さく代謝が少ない猫には過剰となることがあります。

 

味付けをしていない食材をごく少量にとどめるか、人間の食材は与えない習慣をつけるのがいいでしょう。

 

 

チョコレート

美味しそうに食べる猫もいますが、含まれるカフェインの興奮作用によって発作状態になったり重篤になる危険があります。

 

猫にとってチョコレートを食べなければいけない理由はまったくありませんので初めから味を教えないようにすれば食べ物と認識しないので欲しがりません。

 

 

人間用の牛乳、ヨーグルト

猫と言えば牛乳が大好物ですが、腎臓の機能が弱めの猫にとっては分解し切れない乳糖が多いので人間用の物を大量に採るのは良くありません。

 

ペット用の牛乳はそのあたりを改善してありますので、水分補給に適量与えるのは問題ありません。

 

 

イカ、タコ、アワビ

海産物は猫の大好物ですが、生のイカ、タコ等はのどに詰まらせたり、人間は大丈夫でも猫の小さな身体に悪影響のある病原菌が含まれていることがありますので、どうしても与えるとしても火を通して細かく刻んで少量にとどめましょう。

 

 

さらに、貝類は同様に人間には無害で猫に有害な病原菌や毒素がある可能性があります。

 

「アワビを食べると猫の耳が落ちる」といった古い言い伝えがあり、実際にそこまで即座に被害は出ませんが、科学的根拠のある言い伝えで、猫の為にも守りましょう。

 

 

観葉植物

猫が毛玉を吐いたり繊維質を取る為だったり、好奇心で植物を齧る事がありますが、殆どの植物はわざわざ食べさせても意味が無いどころか物によっては毒があります。

 

一般的に、ユリ科の植物や蔓植物のアイビーで中毒を起こすケースが多いので、猫からは遠ざけましょう。

 

 

ペットショップで売られている猫草はその点を配慮して栽培されているものですので問題ありません。

 

毛玉や繊維不足対策としては、ヘアボールケア用のドライフードが市販されていますのでそちらを利用しましょう。

 

 

おわりに

挙げていくと、人間が普段食べている何気ない食べ物が猫にとっては有害なことがわかります。

 

市販のキャットフードは猫が必要な栄養素をすべて含んでいてそれだけを食べていれば健康に過ごせるように開発されていますので、結局のところは人間の食べ物を原則与えないようにすれば、猫も初めから欲しがらなくなり、上記のような健康被害が無くなります。

 

 

猫が美味しそうにおやつを食べる姿は飼い主なら誰しもたくさん見たくなりますが、猫の健康を考えて、確実に安全なものを適量にとどめましょう。